子育てバイブル

不妊治療専門のクリニックに通いました

不妊治療に対するイメージが変わりました

妊娠

1人目を出産した後、なかなか2人目に恵まれませんでした。

1年以上夫婦生活を送っていても妊娠しない場合、またはできるだけ早く妊娠を希望する場合には不妊治療をした方が良いと言われ、不妊治療専門のクリニックに通いました。

私が通った場所は、全国でも不妊治療で有名な先生のクリニックでした。基本的には予約制ではないということで、予約なしで行ったところ、クリニックは大混雑していて驚きました。

待合室の席は全て埋まっており、立って待っている人も沢山いました。受付順の案内となるということでしたが、2~3時間待ちが当たり前という状況で、それだけで不妊治療に挫けそうになりました。

初診では、尿検査、問診、内診、今後の治療の簡単な流れについての説明という内容でした。

先生はベテランの年配の男性でした。他に女性スタッフが複数名いましたが、皆忙しそうで慌ただしくしていました。先生もスタッフもテキパキと仕事をしていましたが、全体的に冷たい印象でした。

不妊治療について、親身に相談に乗ってくれるという雰囲気は全くなく、完全に事務的な印象でした。

1日に相当数の患者を診なければならないという忙しさもあり、相談に乗る間もなく、診察が行われ、先生から現状やタイミングについて手短に指示があるだけでした。

後からきいたところ、「不妊治療では結果を出すことが全て」と考えているそうで、メンタルケアというよりは機械のような印象で、不妊治療に対するイメージが変わりました。

また、待合室の他の患者は皆ピリピリ、イライラしている雰囲気でした。

待ち時間が長いため当然だとは思いますが、皆なるべく他の人と目を合わせないようにしているようでした。

時々子連れできている患者もいましたが、明らかに子供の声を不快に感じている人がいたりと、決して雰囲気の良い空間ではありませんでした。

それでも、皆子供を授かりたいという一心で、不妊治療に訪れてきていて、私もそのうちの1人でした。

初めのうちは、いろいろな検査を受けるのですが、体調と時期で受けられるものが決まっているため、検査が全て終了するまでに2ヶ月ほどかかりました。また、主人にも別で検査を受けてもらいました。

その後数か月は、排卵日の数日前に尿検査とエコーを受け、タイミングを取る日の指示を先生からもらい、タイミングをとった翌日にエコーで確認してもらうということを繰り返しました。

幸い、通い始めてから4ヶ月ほどで、タイミング指示だけで妊娠することができ、無事出産できました。

不妊治療を受けて感じたことは、妊娠を望むなら、躊躇せずに早く不妊治療を受けた方が良いということです。

不妊治療はタイミング指示だけで済むこともありますし、人工授精が必要になることもあり、人それぞれです。それでも、夫婦だけで妊娠を試みるよりも確実に確率は上がります。

また、不妊治療で大変なことは、指示された日にタイミングを取る難しさです。

その日にパートナーの帰宅が遅かったり、体調が悪かったりということもありますが、先生にタイミングを指示されると、それが「やらなければいけない」という義務感になってしまい、なかなか上手くいかないことが多いです。

タイミングだけの問題であれば、タイミングの指示があった日にかかわらず、1日おきくらいで継続的に夫婦生活をとる習慣ができていると良いのだと思います。

Copyright© 子育てバイブル.